御射里の会

 有害鳥獣による農産物被害が始まった2003年頃、里地ネットワークの竹田純一氏から地元学の指導を受け、地域の宝に気付き、荒廃農地の景観再生と維持管理で、里山の自然環境、景観形成の課題に取り組んでいます。
 会員の高齢化は深刻になっています。
 集落のマレットゴルフ場へは諏訪圏域から、年間1,300人位の利用があります。

harayama

原山様のお祭りも、昔から伝わる姿を残すために子どもから大人まで地域のみんなが協力し合って行っています。